浮腫みを減らす

浮腫み を減らしていくには一番、重要なものは、体調と体質です。いくら良いサプリメントや薬で解消するものがあったとして、一時的だし、そんな便利なものはないと思います。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

浮腫み を減らそうと努力しても運動してもストレッチしても食事制限をしても表面的なもので、根底的なものではありません。

浮腫みというのは、別名、タルミとも言います。この浮腫みやタルミが起きるには原因があります。何も原因がないのに浮腫みは起こりません。

種類があります。

浮腫みにも種類があります。浮腫みが起きる表層で違いますが、普通に浮腫みと言うと皮下脂肪のことを言います。つまり、皮膚の下の脂肪です。皮膚の脂肪が厚くなったことを皮下脂肪の浮腫みと言います。

皮下脂肪

皮下脂肪の浮腫みは皮膚を指の先と先でつまむようにすると、つかんだ厚みで決まります。また、引っ張ってみて、どれくらい引っ張ることができるのか、それで厚みが決まります。

その厚みを減らしていくのが浮腫み解消です。両方ともの厚みを減らしていくのが浮腫み解消ですから、このむくみを減らすには体調から上げて、体質を変えることなんです。

内臓の周辺の脂肪

皮下脂肪とは別に、内蔵の周辺にある脂肪があります。内蔵の周辺というのは大変多くの脂肪も普通にありますが、この脂肪が増えたり多くなることがあります。内蔵の周りに脂肪が増えるとそれだけでも血管を圧迫したり神経を圧迫したり働きを低下させてしまいます。

内蔵の周りに脂肪が増えるだけでもいろいろな状態が悪くなっていきますので内蔵の周りも減らしていくことをしないと根本的には、浮腫みは減りにくくなります。

内蔵の中にも脂肪が

内臓の中には脂肪があるかというと、ある所もありますが、多くの内臓がストレス体調が悪くなると循環や代謝や仕事量が低下しますので大きくなります。

内臓が大きくなったりする現象は最近、多くありますから内臓性異常な状態に戻すだけで体が細くなるということも起こります。内臓というのも働きを悪くなると内臓自体が大きくなります。病気というわけではなく内蔵自体の働きの低下で内臓が大きくなることが最近多くなっています。特に大きくなりやすい内臓は肺と肝臓と胃と膵臓です。

特に肺と肝臓あたりが張っている方が異常に多く、張ると肋骨が浮き出てきています。肋骨が出てくると骨ばって見えるので格好がすごく悪くなります。

骨ばって見える方が最近多くなっていますので、中にはパンパンにろっ骨あたりが張っている方がいます。内臓も働きが悪くなると、横に張ってきますので、そうすると肋骨の下のあたりが大きくなって張ってきます。

大きく分けて浮腫みには、この三つの理由であります。

これらのすべての原因は体調と体質から起きていますのでそれを変えていこうとするのがむくみを解消することになります。

すべての原因は体調が落ちたことが原因で浮腫みが起きやすい体質というのがあります。最終的には体質を変えないと浮腫みが戻りやすくまだ何回も繰り返して、いくら減らしても効果がなくなっていきます。

体質というのは

体質というのは浮腫みが起こりやすい体質ということです。浮腫みが起こりやすい体質の方がいくらも浮腫みを減らそうとしても運動してもストレッチをしても、浮腫みを浮腫みを減らす手段を駆使しても、あまり変わりません。

根本的に浮腫みを減らそうと思うなら浮腫み体質から書いていかないと浮腫みは減っていきません。浮腫み体質を変えていくためには準備が必要になります。

準備をしてパワーを上げないと浮腫み体質を減らすことができませんから、浮腫み体質は変わりません。

しかし体調を上げていくだけでも浮腫みは徐々に減っていきますので体は細くなっていきます。遅くなると同時に浮腫みもタルミも減っていきますので、特にウエストのあたりは一番初めに減り始めます。

しかし ウエストを細くしたり、全身が細くなったりして浮腫みも減っていきますけど持続時間が少なく、戻りがあります。

体質改善の治療というのは体を中から変えることなので根本的な体質改善と言います。持続時間を長くしたり戻りを少なくするためには、体の中から治療して変えていく必要があります。

体の中から変えていく治療ができるのは体質改善の治療だけなので、体質改善というのは根本的に若返りをさせて元気にしていくこと健康にしていくことです。

 

参考までに ウィキペディア 浮腫み

 

浮腫みを解消するには   浮腫み改善

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で人気の浮腫み解消術。