椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアが起きるのは 手術をしないでも 楽になることも多くありますので まず椎間板ヘルニアで起きている原因から改善していくようにすると 椎間板ヘルニアは解消していきます。

椎間板ヘルニアになるのは 原因があっておきますので 原因から改善していかないと繰り返し起こりやすく 長期間にわたり椎間板ヘルニアに悩まされることも多くあります。

椎間板ヘルニアになるのは あることが原因で椎間板ヘルニアになっていますので中心角の髄核というのが 分断されて途切れてしまうと直すことはできませんけど 多くの場合、 髄核が途切れることはなく 違う原因で起きています。

椎間板の又は軟骨とも言いますけどその奥の方に木の年輪のような 軟骨がありますからこのなんこつの中心部のことを髄核と言います。

この中心角が 膨れたり飛び出たりすることが椎間板ヘルニアと言いますが あまりにも長期間 長く椎間板ヘルニアがあったり こじれた状態をすると 中心部の軟骨が 途切れることがあります。

中心角が途切れたりするともう手術することしかありませんが多くの場合そういうことはあまりなく 椎間板が膨れたり 膨隆したりする事が椎間板ヘルニアという状態になっています。

椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく 誰でも起こりやすいものです。

首の部分の椎間板ヘルニアや 腰の部分の椎間板ヘルニアや 背中でも椎間板ヘルニアが起こります。

しかしこの椎間板ヘルニアが起こるのは原因があって起きていますのでこの原因から改善していかないと椎間板ヘルニアは解消していきません。

椎間板ヘルニアが起こる原因

椎間板ヘルニアが起こる原因は体に多くの疲れやストレスが溜まったのが原因ですから疲れやストレスというのも簡単に考えることはできません。

疲れやストレスというのは 何をしても 減らすことができないで サプリメントや健康食品を飲んでも減ることはありませんしマッサージをしても減ることはありませんので 長期間、椎間板ヘルニアになっている かたがいます。

椎間板ヘルニアが治らないで半年も椎間板ヘルニアがあるということを言われる方もいらっしゃいますし 1年という方もいらっしゃいますし3年間ぐらい椎間板ヘルニアがあるという方もいらっしゃいます。

1年も2年も3年も治らないのは椎間板ヘルニアの症状なんですが 当院では原因がわかっていますので椎間板ヘルニアを原因から改善していくことで ヘルニアが徐々に治ってきて 楽になっていく治療をしています。

椎間板ヘルニアになるには体に多くの疲れやストレスが溜まった時だと言いましたが 疲れやストレスがたまるというのもたまるとこの原因がありますのでその原因の所から改善して減らすようにしないと椎間板ヘルニアは解消しません。

当院の特徴として検査することができるのが一番の 特徴ですが 検査すると体調がすごく悪い方が多く その態度が悪い形が椎間板ヘルニアになっています。

患者さんが来られて椎間板ヘルニアがありますねと当院の院長が言うと、自分がですか、ということが多くあります。

椎間板ヘルニアがどういうものなという言葉わかりませずに椎間板ヘルニアという名称だけで思い込んでいる場合が多くありますので体調が悪い時には歪みも起きているし背骨のズレも起きているし椎間板ヘルニアが起きるのは当たり前です。

体調が悪い方ほど 椎間板ヘルニアは自然に 起きて行きますので 起きることで 防衛をしていることになります。

体に多くの疲れやストレスがたまるばたまるほど 脳に信号を送って危険ということを知らせるために痛みやコリを起こしていますので 脳に信号送っても休養しないから 危ないということを知らせるために椎間板ヘルニアという状態になります。

多くの方の場合、休養すれば椎間板ヘルニアは楽になることもありますが、 そういう状態をしても改善しないぐらい体調を落としてる方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアというのは疲れやストレスの蓄積で起きていますがこの疲れやストレスのたまらところがありますのでそのたまるところというのは内臓になります。

内臓と言うと病気という思う方も多いと思いますが当院では病気の診断をしているわけでもなく病気の検査をしているわけでもなく病気の治療をしているわけではありませんので 内臓に溜まった疲れつまり内臓疲労が原因だということを言っています。

多くの人色の症状の場合内臓疲労が原因ですから内臓疲労を軽くすることで徐々に内臓の力が回復してきて内臓の力が回復すれば骨の歪みが取れて骨盤の歪みも取れて楽になっていくことをしていきてます。

内臓疲労起きると内臓の力が落ちていきますので内臓の数値というわけではなく内臓のパワーつまり内臓の働く力というのが必要なりますから内臓の力がを知れば知るほど骨盤の歪み背骨のずれが起きて不調状態になって痛みやコリになる場合が多くはあります。