小顔矯正

当院では ボキボキしないで痛くない方法で電気もしないで手のみのテクニックで顔を小さくしていくようにしています。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

 

小顔矯正をしている時に体のみでマッサージ感覚で顔を揉んだりするだけで顔の浮腫みも取れて顔が小さくなっていきます。

 

顔のむくみがある方はむくみが取れて顔がすっきりしてきます。

浮腫みのない方も顔がアゴのラインが特にほっそりしてきたり 顔が小さくなっていきます。

当院では小顔矯正を始める前にご自分の手で顔の大きさや幅を覚えてもらうようにしています。

触り方は 顎のところに手の付け根がつくようにしてさわって左右を比べてみてください。

多くの方の場合に、左右差がありますので左右の出っ張ったところや、全体が出っ張っている、または部分的に出っ張っているなどを触って覚えるようにしましょう。

必ず顔を自分の手で 大きさを覚えて。

鏡を見て覚えても構いませんが、出来るだけ体で感覚神経を総動員した状態で覚えるようにすると手で実感がよくできます。

小顔矯正をした後とする前を比べることができますので 初回から変わりますからしっかり触って覚えることをしてください。

顔をしっかり触って覚えとかないといくら良い小顔矯正をしてもわからないかと思いましたのでしっかり触って覚えてください。

今まで多くの方が当院の小顔矯正を受けに来られましたけど数人がいくら顔がかなり変えても分かりませんでしたので 本人の問題がここにあります。

しっかり触ることができなかったか覚えておく記憶力が減退しているか手の感覚神経が減退して一生懸命触っていないかのどちらかです。

年齢に関係なくたまに小顔矯正をしてもわからないか違いますのでしっかり触って覚えておくようにしましょう。

いくらいい小顔矯正をしても自分が分からなければ同じですので、当院では分かるように治療もすることができますので 治療をしてわかるようになることです。

一度わからなかった方は、治療をおすすめていかないと、分からなくなっていきます。

そして今よりも 年齢がかさなればもっとわからなくなってきます。

年齢に関係なく現時点でわからなければ、この先将来も色々なものが見えなくなったり、分からなくなっていく方向の方に行きますので 、いくら良い小顔矯正をしてもご本人が分からなければ意味がありません。

顔の幅を自分で手で覚えるということは大変難しいことなので簡単ではありませんが簡単ではないから覚えておくと変化がよくわかります。

当院では ベッドに寝てもらって 立ったままでも触ってもらった顔の大きさを寝たままで もう一度 、覚えてもらうようにしています。

今の幅や今の大きさ覚えておいて下さいと言います。

そして院長が顔を揉んだり触ったりして23分後には変わっていますのでもう一度触ってもらいます。

もう一度触った時に変わったから触って下さいと言いますのでその時に分からなければ大変なことなんです。

嘘やオーバーなことは言いませんので2から3分経った後に、もう変わっています。

変わったから触って下さいと言います。

この触ってもらうことを小顔矯正中に2回か3回ぐらいしますので、そのたんびに変わりますからしっかり触って覚えましょう。

変わらない時には言いませんから変わったら変わったと言いますから、その時に確認してみるようにしてください。

そしてまだ2、3分しか経っていませんのでこの先に治療を進んでいきますのでもっとさらに小顔になっていきますので今の現状の顔の大きさ変わった顔の大きさ覚えてください。

そして治療終わった20分後にはもう一度顔を触ってみると顔が小さくなって顎のラインや頬骨の出っ張りや鼻が高くなっていることがわかる小顔矯正をしています。

もちろん小顔矯正と言っても 一回で終わることはなく持続力も増していかなければいけませんので2回から数10回小顔矯正を受けてください。

小顔矯正を受けるたびに顔の大きさや形が変わっていきます。

初回から2、3回までは体調を上げて小顔矯正をしていきますので体調も上がってきて調子が良くなりますしだるい疲れた感じとか痛みやコリが取れて行きます。

体調が上がってきたら体質改善の治療で体を治していくことで 顔も小さくなったままでも戻りも少なくなりますので体質改善の小顔矯正が最高に 効果の長い持続力のある治療になります。

小顔矯正の特徴

当院の小顔矯正は特徴のある小顔矯正をしています。

ボキボキしないことで有名な小顔矯正をしていますので、初回から顔が小さくなっていく小顔矯正です 。

多くの方が小顔になりたくて当院に来ていますが、ほとんどの方の顔を見てみると顔が大きく ぶよぶよに なっている方も多いし浮腫みが起きている方も多いようですから顔を小さくしていくためには、まずそれらの状態を検査する必要があります。

当院では色々な体調や調子の悪さ

また顔の状態などを検査で判断することをしていますので検査で異常があるところを見つけてその以上のあるところを解消または改善するようにして行くと顔が小さくなっていきます。

今まで来られた小顔矯正を希望される方の中で体調がいいという人は一人もいないし調子の悪さをすごく落としてる方も多くいましたからそれらを検査して判断することが小顔矯正 で顔が小さくなることになります。

小顔矯正をする時に体調というのはすごく重要なことになります。

どんなに良い小顔矯正をしても体調が悪いと 効果も減少しますし 持続時間もありません。

小顔矯正をするときに

小顔矯正をする時に体調というのが重要になるということを言いましたが最近多くの方が本当に体調悪い方が増えていますので、体調の悪さというのは自分で分からなければいけませんが、ある部分 の力が 落ちていると 体調の悪さも感じませんし、疲れているなということも分かりませんしだるいということ、又歪みが起きていても 痛みやコリを感じることができません。