坐骨神経痛

坐骨神経痛は、足の痛みや足のシビレの事です。

足の先まで起きる方もいれば、ふくらはぎまで痛みやしびれが起きる方、モモの裏側が痛みやしびれがある方が坐骨神経痛といいます。

そして坐骨神経という神経があります。

坐骨神経という神経はお尻の坐骨と股関節の間を通る太い神経です。

この神経に何らかの異常が起きた時に坐骨神経痛になります。

当院では坐骨神経痛の方がよく訪れますが、 数年前からの坐骨神経痛や最近起きた坐骨神経痛や 色々な鎖骨神経痛の方が 訪れています。

病院で手術をしなければいけないという方も訪れていますが多くの方の 坐骨神経痛は 原因がしっかり残っている坐骨神経痛の方ばかりです。

病院に行っても注射を打ったりブロック注射をしたり湿布を貼ったり低周波などの電気治療器をしたり マッサージをするということもありますがこれだけでは原因は改善していきません。

痛みの原因は

坐骨神経痛になるのは 原因があって座骨神経痛になっていますので原因から改善していくようにしないと治りが悪くなったりまた慢性化することも多くありますので原因から改善するようにしましょう。

坐骨神経痛は腰痛になる方が坐骨神経痛になる場合もあれば腰痛はなくても坐骨神経痛になってしまう場合もあります。

一時的な状態を作っても

どちらも原因は同じなので注射や痛み止めを使うことなく電気や機械を使うこともなく原因から改善していくようにしています。

坐骨神経痛になる場合は原因があると言いましたがどんな原因だと思いますか。

坐骨神経痛になる方は今まで腰痛を繰り返している場合が多いようですが、今まで腰痛がない方も急に坐骨神経痛になる場合もあります。

多くの一般的な坐骨神経痛の場合は坐骨神経が出ている腰の部分に原因が多くありますのでその部分を確認する必要があります。

多くの坐骨神経痛の場合、骨盤の歪みが原因で起きている場合が多いようです。

歪みが原因でおきる

骨盤のゆがみが起きていると骨盤のゆがみの関係で体を支えることが出来ませんので体を支えられない状態で椎間板が膨らんだり飛び出たりすることが起きますので 椎間板が神経に触って 坐骨神経になっていきます。

坐骨神経痛というのは椎間板が膨らんだために 坐骨神経という神経に触ったことが原因で起きていますので この原因から改善していくと坐骨神経は楽になっていきます。

坐骨神経というと病院では 痛み止めの注射を打ったり ブロック注射などを使ったり 湿布を貼ったり 電気治療器をしたりすることがほとんどです。

しかしこれらは一時的なものを解消していることにすぎませんので 原因は残ったままになっています。

坐骨神経痛 は骨盤の歪みで神経に接触した椎間板が原因ですから椎間板の膨らみ野望流などを改善していく必要があります。

歪みが起きる原因は

骨盤の歪みが起きて骨盤のゆがみで背骨が不安定になって体を支えられない状態が起きて 椎間板が膨らんできますのでついかんばんが膨らむと神経圧迫状態が起きて坐骨神経痛になっていきます。

しかし骨盤がどうしてゆがんだのか背骨が不安定になったのかということの原因がありますので、 原因から改善していかないとただ椎間板を戻すことができるかも分かりませんが原因が残ったままだと、繰り返し起きたり効果がなかったりします。

座骨神経痛の原因は坐骨神経という神経が お尻の部分と 足の付け根の部分の間を通る神経ですから その神経が痛みを起こすことが多く坐骨神経痛と言います。

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市でカイロプラクティック徳力整体院は坐骨神経痛を改善しています。