カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは、手の技と言う意味があります。カイロが「手」・プラクティックが「術」とか「手技」と言う意味があります。ですからカイロプラクティックと言う意味は、「手技」と言う意味になります。

 

カイロプラクティックと言うのは手の技で体を整えていくことをするからカイロプラクティックなんです。

低周波治療器や電気を使うことなく、手の磨いて技術力を向上させて手で体を整えていくことがカイロプラクティックです。

当院は純粋なカイロプラクティックをしていますので、電気や低周波治療器などを使うことなく手の技術力でのみ体を整えることができますから、低周波治療器などの電気を使えば整骨院や病院の外科と整形外科と同じです。

低周波治療器などの電気は、痛みやコリがある所を原因は関係なく電気をあてたり、湿布を貼ったりすることをしているのが対症療法です。

対症療法は、歪みや原因というのは、関係ありません。

必ず痛みやコリがあるときには歪みがあります。歪みから改善しないと一時的には良くなるかも知れませんが、原因を残しておくと繰り返しやすくなりますし、痛みやコリがない時も原因は、いつまでも同じままではありません。

原因はいつも進行しています。

原因が変わらないというものなら安心なのですが、体が歳を取るように原因も変わっていきます。

原因が進行していくと病気に近づいていくからです。

いま、病気でもなくても、痛みやコリは先将来の病気と関係があります。

カイロプラクティックというのは 歪みを矯正していくことで色々な痛みやコリを楽にして行く方法ですが多くの症状は歪みから起きています。

歪みというのは ほとんど100%全員の方に 起きている現象です。

痛みやコリにつながっていないまた痛みやコリが起きていないという現象です。

 

歪みというのも 二段階の歪みがあって 一般的には2段階目の歪みの 時に痛みやコリになっています。

この2段階目の歪みというのは 体調が悪くなった状態調子を落としている状態で たまって言ってる疲れやストレスが原因です。

いろいろな疲れやストレス

体に多くの疲れやストレスが溜まっていくと 体は徐々に歪みを起こして行きます。

ですから歪みのない方は この陽気の変動の中には、いないと思います。

歪みというのは 毎日の仕事の疲れ、生活の疲れ、寝不足の疲れ、陽気の変動の疲れ、環境変化の疲れ、騒音の疲れ、精神的な疲れ、肉体的な疲れから起きています。

例えばですけどスマートフォンが メールや着信音にしている音というのは警報音に近いので警報音も 体にとっては ストレスになっています。

車のクラクションなども警報音の部類に入るのでクラクションを鳴らすということは人をびっくりさせたり驚かせたりしていますので 体にとってはストレスです。

テレビ などでタレントが 怒ったような漫才をしているシーンがよくありますが他人ごとのような感じで笑っていますけど 自分の体にどれだけ影響を出しているかということも考えずに 見ないようにしてください。

映画などでも 暴力シーンがあると それを見ただけでも 体は ストレスをモロに受けています。

色々な所で疲れやストレスが

このようにわかっていないところで 色々なストレスが生じていますのでそのストレスが溜まったものを疲れと言います。

テレビなどで長時間見ていることがあると番組のはじめに長時間見ると疲れるということを言うこともありますのでテレビを見るといふ事も疲れることつまりストレスにつながっていきます。

このように何もしなくても動かなくても仕事をしなくてもいつのまにか疲れやストレスというのは蓄積しています。

この疲れやストレスというものが 歪みの原因になっています。

カイロプラクティックというのは この歪みを解消していくのが目的です。

癒しでもなく体を整えて行って治療になります。

体をいつまでも癒していても何も変わっていませんし 何かを変えて行かないと体は変わりません。

カイロの適用は

カイロプラクティックで扱う項目は色々ありますが、美容整体では骨盤矯正、小顔矯正、リンパの流れ、輪郭矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットです。

痛みやコリの部門では腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、生理不順、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、疲れやすい、だるい、イライラしやすい、うつ、パニックなど体に起きる色々な症状のすべてが対象です。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

当院のカイロプラクティックでは体におけるあらゆる症状が適用になっています。

多くの症状は歪みから起きています

カイロプラクティックで治療や改善や解消ができるのはゆがみから起きている症状なので、ほとんどの症状が適用に入ります。カイロプラクティックでできない治療というのは髪の毛のカットやパーマ、虫歯の治療、脱毛ぐらいです。

あらゆる症状が歪みから起きているので、多くの表情はカイロプラクティックの適用になります。

カイロの治療は

当院のカイロプラクティックの治療は、ボキボキしない痛くない怖くない治療をしています。電機なども使わないで体を整えていこうとしていますので手のみで矯正して体を整えていきます。

当院のカイロプラクティックの治療はゆがみを矯正することでいろいろな症状を改善する治療ですが、ボキボキしないで、どうやって背骨や骨盤の矯正をしているかというと、簡単に言えばマッサージするみたいに矯正をしていきます。

マッサージ感覚で体を整えていく矯正なので年齢に関係なく体を整えて矯正することができます。体を整えていくといろいろな症状が楽になっていきます。

カイロで美容整体

カイロプラクティックというのは痛みやこりの治療だけではありません。当院には美容整体という部門があります。美容整体とは、小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、アゴのラインをスッキリさせる矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットです。

当院の美容整体は、初回から変わりますので人気がありますし痛くないので有名です。

当院の矯正は

痛みやこりと美容整体で体を変えていきます。

 

カイロプラクティック

カイロプラクティックというには、骨をボキボキしたり痛い怖いというイメージが強いんですが、当院では痛いこともなく怖いこともなくマッサージ感覚で体を整えていきます。

何をボキボキすることがカイロプラクティックの目的ではなくマッサージ感覚でも地方でも共生や骨盤の矯正ができるテクニックがあります。

ボキボキするテクニックは、初歩のテクニックです。当院では北九州市小倉南区で 30周年になりますが 20年前にもボキボキすることはやめています。

骨の矯正には二通りあって、一つは体調から起きる歪みやズレで、もう一つは体質から起きる歪みやズレです。

①体調から起きる歪みやズレ

体調を落として起きる歪みやズレは、日常生活でいつでも起きる歪みやズレです。

 

②体質から起きる歪みやズレ

体質から起きる歪みやズレは生まれつきある歪みやズレです。人は生まれながらにして遺伝子が関係して生まれてきていますので親子関係を証明するように遺伝子が関係しています。遺伝子検査というのがあるように、その遺伝子を検査すると親子のつながりがわかるということがあります。

 

カイロプラクティックの発祥は

カイロプラクティックにはカイロプラクティックの創始者という人がいます。この創始者はカイロプラクティックを作った人だといっても間違いではありません。その創始者の名前は、ダニエル・デビット・パーマーという方がカイロプラクティックの創始者です。

パーマーは 1845年 3月7日カナダのオンタリオ州ポートベリー生まれました。20歳の時に生まれ故郷出てアメリカのイリノイ州ニューボストンに移住しました。若いながらもパーマーはある研究に没頭してきました。それはある素朴な疑問から生まれた問題でした。「同じ親から生まれたのに兄弟でも体が弱い人ができるのか」、「同じ親から生まれた兄弟などに一人は強弱などが」、「同じ親から生まれた兄弟などに一人はどうして風邪をひきやすいのか」、「同じ親から生まれた兄弟などに一人は優秀なのか」こういう問題がパーマーを悩ましていきます。

そこに関係するのは何が関係するのか、何かがあるということをパーマーは研究する日々が続きました。

この時にはパーマーは、まだ緊急する段階なのでいろいろなことが分かっていませんでしたが、少しずつですが考えをまとめてきました。

そこでパーマーは以前から自然治癒回復力に目をつけるように注目しました。この時にパーマーの仕事は磁気治療を主にしていました。毎日、磁気の治療を研究する日々が続きました。そしてパーマーは 1885年アメリカのアイオワ州ダベンポートに引っ越しました。。ビルの一角の 4階に治療院をもうけて、ここでも磁気治療をしていました。

パーマーは病気を治すのが、天命と受け止めて自然治癒能力を回復させるためには何をすればいいかという研究をしていきました。

それからさらに長い年月が過ぎました。

あるときにビルの管理人、掃除人であるハーベィ・リラードという方が、パーマーが治療院か帰る支度をしている時に掃除にきました。ハーベィ・リラードは耳が不自由でした。大きな声で言うと聞こえるので大きな声で「もう帰るから掃除していいよ」といって帰ろうとしたときに、中腰で棒を動かしている管理人の首のところをの首の出っ張りを見つけました。ハーベィ・リラードに聞いてみると依然狭いところで掃除していた時に首のところでをボッキと音がして、それから耳が不自由になったということでした。

そこでパーマーはハーベィ・リラードに少し首のところを触って見ていいかということを了解してもらいました。首のところを触ってみると不自然な出っ張りが首の骨にありました。パーマーは首の骨を押してみたい衝動に駆られてハーベィ・リラードに了承してもらいました。

パーマーが首のところを押すとボキッと音がしてパーマーもびっくりするくらいのことでした。

これがカイロプラクティックの初めての矯正です。もちろんこの時にはカイロプラクティックという名称もありません。

しばらくするとハーベィ・リラードは耳が少しずつ聞こえるようになってあまり大きな声で言わなくてもよくなりました。この偶然が重なった出来事がカイロプラクティックの重要な発展につながっていきます。

カイロプラクティックは

ある時に友人の語学学者が、パーマーから治療テクニックの名称を付けてほしいと依頼されました。この時につけた名前が、カイロ(ギリシャ語)でプラクティック(英語)の造成語です。日本では手技とか訳されています。手の技ですから機械などは使いません。機械を使うことはカイロプラクティックの理念に反する行為ですから、手の技を磨くことで色々な症状に対応しています。手の技でできない方が低周波などの電気を使う場合が多くあります。当院でも昔は良く使っていました。

この時の治療はボキボキです

この時のカイロプラクティックの治療はボキボキする矯正です。今ではボキボキする治療のことを「ガンステット」と言う名称があります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が来院するカイロプラクティック徳力整体院は30周年。